HOME
facebookについて
事例紹介
お申し込み
小さなfacebookにできること
事例活動紹介
Q&A
作成料金

小さなfacebookを研究する会
 
 メール: facebook@bnd.jp

事例活動紹介
3/30に全てのFacebookページの表示方法が変更になります。
目的別のfacebookページ応用例
企業、レストラン、NPO、自治体、少年野球チーム 等が、気軽に利用しています。
オンラインショップ(Online Shop)

小さな店舗が、216万人も「いいね」を集めているところもあります。
バリにある「サーファーガール」というショップ。
バリの実店舗もそれほど大きいわけではなく、普通の少し小さめの店舗ですから驚きです。
facebookを活用し、クローズド連絡網を構築
どんな仕事でもスムーズな情報の伝達機能は、不可欠です。
比較的災害時にも強いことが証明されたFaceBookを利用し、社員やスタッフとの緊急時にも使える連絡網の整備。
市役所のサイトをすべてfacebookページに移行した例もあります。(ニュース

・公開:グループは誰でも参加することが可能です。また、投稿はグループ以外の友達に公開されます。
・非公開:グループへの参加はグループ管理者の承認が必要になります。
 グループ以外の人がグループの投稿を閲覧することはできません。
・秘密:グループの存在は管理者に招待された人しかわからないようになっています。
 そのため、グループの投稿もグループメンバー以外の人は見ることができません。
facebookを活用し、
災害時に頼みの綱の携帯メールは、当日にほとんど機能しなかった事実があります。
比較的災害時にも強いことが証明されましたTwitterやFaceBookを利用し、社員との緊急連絡網の整備。
カバー写真に含んではいけないメッセージがあります。
1. 価格や購買情報。例えば、”半額セール”や”当社のウェブサイトでダウンロードください”など
2. コンタクト情報。例えば、”ウェブサイトのURL、eメールアドレス、郵便アドレスなど”
3. “いいね!”や”シェア”といったFacebook機能に関する言及や、それらの機能を矢印などで指し示すこと
4. アクションのお願い。例えば、”今すぐ入手”や”友達に伝えてください”など
Welcomeページの定番であった
いいね!ボタンに矢印画像を書いて”いいね!を押してください”とお願いすることが禁止されてるのは、特に注意してください。(まだ、よく見かけます...)
偽り、ごまかし、誤解を与える表現は謹み、他人の知的財産を侵害してはいけません。